セルフネイルで利き手のネイルを綺麗にやるコツ

セルフネイルを楽しんでいる方に多い悩みが、「利き手のネイルがうまくできない」というものです。
例えば右手が利き手の人は右手で左手のネイルを塗るのには問題ないけど、左手で右手のネイルを塗るのがうまくいかないということですね。
利き手ではない手で細かい作業をすることになるので、ただのワンカラーを塗るのでさえ一気に難易度が上がります。

利き手のネイルをセルフネイルで綺麗に仕上げるためにはいくつかコツがあります。
まずは指を向ける方向です。手をパーにして塗ると爪が遠くになってしまうので塗るのが難しいです。指を内側に折って爪を自分の方に向けるようにします。
これだけでも大分塗りやすさが違いますので試してみてください。
さらにジェルネイルは基本的にライトで硬化させるまで固まりませんので、ゆっくりと作業していきましょう。間違えたと思っても拭き取ってすぐに修正ができるので慌てずにとにかくゆっくりと作業していくのがおすすめです。

また1本完成したらその指だけでもすぐ硬化してしまいましょう。そうすることで固める前のジェルネイルが崩れてしまう心配をせずに、今塗っている目の前の一本に集中できます。

これらを意識するだけでも塗りやすさが格段にアップすると思いますので、あとは練習あるのみです。
いきなり難しいアートにするのではなく、比較的簡単なものから慣れていくようにするのがおすすめですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る